Author Archives: ad_au_kanri

自動車の廃車手続きについて

自動車の廃車手続きを完了させていない場合のメリット・デメリットについて、ご紹介します。

自動車の廃車手続きを完了させていない場合のデメリット

まず、デメリットとしては、自動車税の納付書が、送られてくるということが挙げられます。

乗っていない車に対しても、廃車の手続きを済ませていなければ、自動車税は課税されます。さらに、廃車の手続きをする時点で、未納の自動車税がある場合には、支払い義務が生じます(登録地の都道府県により課税保留となる場合もあります)。

自動車の廃車手続きを完了させた場合のメリット

次に、メリットとしては、自動車税を納付した年度内に、自動車の廃車手続きを行なった場合には、月割りで税金が返還されるというメリットが存在しています。

さらに、自賠責保険の有効期限が残っている場合には、その残存期間に応じて、自賠責保険料も戻ってきます。ゆえに、自動車の廃車手続きを行なった場合には、自賠責保険の解約手続きを早急に行うようにしましょう。

廃車の手続きが面倒だという場合には、廃車専門の買い取り業者に販売し、買い取ってもらうという方法をおすすめします。

指定された書類を準備するだけで、自動車の引き取りから、自賠責・重量税などを還付する手続きまで、一切を行なってもらうことができます。専門業者では、買い取った車を解体し、販売できる部品は販売し、さらに、車体に使われている金属はリサイクルしますので、仮に動かずにボロボロの車であったとしても、買い取ってもらうことができるというわけです。

普通の中古車買取店に、買い取りを依頼した場合には、金額がつかないばかりか、車を引き取るのにお金をとられてしまうケースもあります。その点、廃車専門買取り業者であれば、独自の活用方法を持っているために、どんな車でも買取り可能となっています。

どこの業者でも見積もりは無料となっています。
車の所有者にリスクは一切ありませんので、まずは車の見積もりだけでも、依頼されることをおすすめします。見積もり金額を見てから、売るかどうかを判断されればいいからです。

廃車手続きができる車

古い自動車だけでなく、水没車や事故車、過走行車、ディーゼル車に至るまで、どんな車でも買い取ってもらうことができます。車を処分する際には、それ相当の費用が発生すると思っている方もいらっしゃるのですが、専門の買い取り業者は存在しています。

程度によっては、買取り金額がかなり低い場合もあるのですが、それでも、少なくとも車を処分する際にかかる、引き取り手数料や手続き代行費用はかかりません。専門買取業者がすべて負担してくれますので、それだけでも十分、利用する価値はあります。

前述しましたように、解体して売れる部位は販売し、最終的には車をリサイクルして、鉄くずとして売却しますので、地球にもお財布にもやさしい、車の処分方法となります。

走行することができず、自動車としてまったく機能しなくなった車にも、価値はつくということを認識しておきましょう。

廃車買取専門業者について

ディーラーや中古車販売店に下取りを依頼しても、査定がつかない事故車や不動車、10万km以上の過走行車などは、お金を払って廃車手続きをしなければならないと、思っている人も少なくないのですが、下取り0円の車でも買い取ってくれる、廃車専門買取業者が存在しています。

たいていどこでも、見積もりは無料となっていますので、車を処分したい方は、まずは見積り依頼されることをおすすめします。

廃車専門業者が下取り0円の車でも買い取ってくれる理由

廃車専門買取業者は、自動車リサイクル法に基づく、自動車引取り・解体業者となります。

ゆえに、自動車中古部品の生産が可能となります。独自の販売ルート・活用ルートを持っていますので、中古車販売店などで査定0円の車でも、買い取ることが可能となります。

買い取った車を解体し、中古部品として利用できるものは国内外に販売し、自動車中古部品として再利用できないものは、マテリアル(素材)として再利用されます。自動車に使用されている、鉄やアルミ、銅、真鍮、鉛、プラ類、レアアース類などは、幅広く再利用が可能な素材となりますので、買取りが可能というわけです。

処分される車のタイヤやホイール、電装機器、液晶パネルなどのパーツは、また使えるものであれば、リサイクルパーツとして再販されるのですが、特に海外での需要が高く、部品としての価値は十分にあります。日本では車検が定期的に義務づけられていますので、海外では日本車の信頼度が非常に高く、日本車のパーツというだけで確実に売れるルートが存在しています。

廃車買取りの手続き

廃車買取りの手続きは簡単で、WEB無料査定申込みを行ない、必要な書類を準備するだけです。

面倒な手続きも費用も一切かかりません。自宅まで車を引き取りに来てもらう事もできますし、不動車の場合には、レッカー車で運んでもらえます。仮に、買取価格が低かったとしても、ご自分で廃車手続きを行う時のように、煩わしい手続きを行う必要がありませんので、手間を省くことができ、損をするということが一切ありません。

廃車買取りに必要な書類

廃車買取り時に、乗用車の場合の必要書類については、車検証、印鑑登録証明書、実印、リサイクル券等となります(詳しくはオートランド東京内の手続き書類ページにてご案内しております)。

引き取られた車は、すぐに抹消手続きが取られます。解体する場合には、永久抹消の手続きが行なわれます。

抹消登録の手続きが完了後、完了確認の書面が郵送されてきます。また、税金還付手続きも代行して行ってくれますので、自動車税と重量税が還付されるようになります。

還付の詳細については、廃車の引き取り時に業者から、詳しい説明がなされるようになります。これらの手続きに一切費用の負担はありません。

アクティ ホンダ/GD-HH5

車種:アクティ
グレード:SDX
型式:GD-HH5
原動機:E07Z
型式指定番号:10200
類別区分番号:0069
完全不動でJAFによるレッカー持込みでした。保険会社のレッカー、JAFでの搬入も歓迎です。

フィット ホンダ/LA-GD1

車種:フィット
グレード:W
型式:LA-GD1
原動機:L13A
型式指定番号:11010
類別区分番号:0006
毎月恒例のフィット入庫です!!

アルファードG トヨタ/CBA-ANH10W

車種:アルファードG
グレード:2.4AX Lエディション
型式:CBA-ANH10W
原動機:2AZ
型式指定番号:12116
類別区分番号:0183
ボディの損傷は見た目上では大きくないのですが、足回り損傷が大きい為部品取り車としてのお買取りでした。

MPV マツダ/GF-LW5W

車種:MPV
グレード:4WD
型式:GF-LW5W
原動機:GY
型式指定番号:10044
類別区分番号:0052
4WDのMPVです。山や冬のレジャーも広い車内で快適にドライブ出来そうです。

インプレッサセダン スバル/E-GC6

車種:インプレッサセダン
グレード:HX-S
型式:E-GC6
原動機:EJ18
型式指定番号:07174
類別区分番号:0020
21年間のワンオーナー車です。内外装の状態もとても良く、大事にお乗りになられていた事が伝わってきます。

アコードワゴン ホンダ/E-CF6

車種:アコードワゴン
グレード:23VI
型式:E-CF6
原動機:F23A
型式指定番号:08931
類別区分番号:0001
塗装は剥がれてしまっていますが、中身はまだまだ元気です。お持込みありがとうございます。

ニュービートル フォルクスワーゲン/GF-9CAQY

車種:VWニュービートル
型式:GF-9CAQY
原動機:AQY
型式指定番号:10330
類別区分番号:0022
お洒落なニュービートルの入庫です。ビートルtype1のように往年の名車となる日はくるのでしょうか。

ステップワゴン ホンダ/E-RF1

車種:ステップワゴン
グレード:G
型式:E-RF1
原動機:B20B
型式指定番号:08504
類別区分番号:0035
↓のヴィヴィオに続きご近所様のお車連続入庫です。ご来店ありがとうございました。

1 2