自賠責保険料改訂、値下げとなりました

2008年以来の値下げ改訂

自動車や二輪車の運行時に必ず加入が必要となる自賠責保険の保険料が2017年4月1日より改訂となりました。
料金改定は数年間隔で行われていますが、最近は値上げ続きでした。
前回の改定は2013年ですがこの時も値上げ改訂でした。
値下げとなる改訂は2008年以来との事です。
※ただし、原動機付自転車の保険料は値上げとなっています。

 

自賠責保険のみならず、自動車保険、生命保険、災害保険等は保険商品の収支状況により保険料が設定されます。
当然の事ながら保険会社の保険金支払いが多くなれば加入保険料は高くなり、逆のパターンでは安くなります。
今回の自賠責保険の値下げ改訂は、保険金の支払いが当初想定額より減少して保険収支内容が良くなった結果でしょう(積み立て保険料の運用結果も影響はありますが)。
ちなみに、離島では事故が少ない為に本土では28000円程度の保険料設定車は8000円程度の保険料となります。

先進技術がより安全なカーライフをサポート

事故が増えて保険料値上げ、減少して値下げというのが今まで通り単純な理由となりますが、値上げ続きだった保険料が値下げに転じたのは偶然にドライバーが事故を起こす機会が少なかったからでしょうか?
事故減少の一因として、自動車安全技術の近年の飛躍的な向上があるのではと思います。
エアバッグ機能の向上、乗員保護のボディ構造に加え、スバルのアイサイトから今ではほとんどメーカーが採用している自動ブレーキシステム、路面逸脱防止システム等様々な運転支援装置が普及しています。
この流れでより自動車が安全な乗り物になれば、保険料も更に下がっていくのではないでしょうか。

 
保険料が下がった時には、「事故数が減少した!という事は交通事故に遭う人も減ったのだな」、と感じる事が出来ると思います。

査定から手続き完了までワンストップ!当社では査定・お引取りから手続き完了まで全て自社対応!最後まで責任を持って対応いたします。安心してご依頼ください。
査定依頼フォーム