放置車撤去お困り問題、教えてchatGPTさん -オートランド東京

ChatGPT×オートランド東京

前回のchatGPT質問編に続き、今回は別の質問をしてみました。
オートランド東京のサービスの中でもっとも不規則事案が多く、かつ1つの回答の無い放置自動車の撤去処分についてです。
私有地といえ勝手に他人の自動車を処分する事が出来ない法的な問題も障害となり、解決策を見出せずお困りの方も多いです。

また、弁護士に相談しても複雑な状況では法的解釈が異なるケースもあり、我々もお客様から相談を受ける際には難しい内容も多いサービスとなります。

そのような難問について聞いてみました、”放置自動車を撤去するには?”

chatGPT>>
放置車を撤去するには、一般的には以下の手順が必要となります。
1. 所轄の自治体に連絡する:放置車は、所有者の許可を得ずに公共の場所に長期間駐車されている場合、自治体の条例に違反することになります。そこで、放置車の撤去にはまず、所轄の自治体に連絡して手続きを進める必要があります。
2. 放置車の所有者を特定する:放置車が誰の所有物かを特定する必要があります。自治体の職員や警察が所有者を特定するために調査を行うことがあります。
3. 所有者に対して通知する:所有者に放置車の撤去を通知し、一定期間内に移動しない場合は撤去される旨を伝えます。
4. 放置車を撤去する:所有者が期限までに車両を移動しなかった場合は、自治体や警察などの関係機関が放置車を撤去します。撤去費用は所有者が負担することになります。
放置車の撤去には自治体によって手順や手続きが異なる場合がありますので、まずは所轄の自治体に問い合わせてから進めるようにしましょう。

公共の場所、公道等に放置された自動車についての回答でした。
公道等の放置の場合は回答内容通り、一般市民が処分を行う必要も無く行政の管轄になります。
オートランド東京では官公庁、行政からの依頼による撤去処分も引受けています。

しかし、直接問い合わせの多いものは私有地内への放置車問題です。
この場合は行政、警察も不介入となる為、自分で解決しないといけない問題となります。
詳しくはオートランド東京WEBサイト内、放置車両の撤去・買取サービスをご参照ください。

放置車両の撤去・買取 | オートランド東京 (autoland.jp)

更に彫り下げてみまして、放置されてお困りの方が一番心配な問題も聞いてみました。
“放置自動車を所有者の承諾無しに勝手に処分して大丈夫?”

chatGPT>>
いいえ、所有者の承諾がない場合、放置自動車を勝手に処分することはできません。
多くの場合、放置自動車を処分する前に所有者に通知する必要があります。
通知は、所有者に対して郵送や公告などの方法で行うことができます。
また、一定期間経過後に所有者からの返答がない場合には、放置自動車を処分することができる場合もありますが、法律によって異なるため、地域や管轄によって異なる場合があります。ですので、放置自動車を処分する前に、法的な手続きを遵守することが重要です。

こちらはお見事な回答です。
ケースにより異なりますが、放置自動車の所有者を調べて通知を行う事が最初の作業となります。
それでも連絡が取れない場合には裁判所を通しての公告を行い、後に強制執行による撤去処分作業となります。
但し、車輌価値の無いような自動車に裁判費用と期間を費やしては、ますます被害者の負担が増えてしまいます。そのような状況でお困りの方はまずはオートランド東京放置自動車撤去サービスへお問い合わせ下さい。
豊富な経験と過去の事例等からもより良いアドバイスを行います。

今後chatGPT他AIの精度も飛躍的に向上していくと思われます。
オートランド東京よりもAIに聞いた方が確実、とならないよう私達も常に情報をアップデートし、よりサービスをご提供できるよう心掛けてまいります。

 

▼放置車でお困りの方はこちら
放置車両の撤去はオートランド東京 (専門サイトへ遷移します)

▼放置車の撤去についてもっと詳しく知りたい方はこちら
【放置車両撤去の教科書】専門業者が教える3つの具体的な撤去方法・費用・法律・注意点

査定から手続き完了までワンストップ!当社では査定・お引取りから手続き完了まで全て自社対応!最後まで責任を持って対応いたします。安心してご依頼ください。
査定依頼フォーム